Home » 銀行カードローンと消費者金融カードローンの借り入れの違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンの借り入れの違い

銀行と消費者金融のカードローンで一番違う点は、「総量規制の対象になっているかどうか」ということです。総量規制とは、「年収に対する借り入れ上限金額を制限される規制」のことで、具体的な基準を挙げると「年収の1/3まで」となります。

年収が1000万円ある人は、銀行及び消費者金融カードローンを利用して300万円以上の借入れが出来る可能性がありますが、年収が100万円ならば30万円ちょっとしか借りることが出来ません。希望する金額が100万円であれば、総量規制の対象となるカードローンを利用する場合は「年収300万円」が最低基準となります。

総量規制はすべてのカードローンに対して影響を及ぼす訳では無く、「貸金業法」にのみ影響を与えます。つまり、簡単に言うと「銀行系は総量規制対象外」、「消費者金融系は総量規制の対象」となります。銀行は「銀行法」によって管理されているものになるので総量規制の影響は及びませんが、それ以外の貸金業者は基本的に貸金業法で管理されているので総量規制の対象になります。

総量規制の範囲を超えた借入れを希望する場合には、消費者金融系カードローンでは対応することが出来ない訳ですから、必然的に銀行系カードローンを利用することになります。ただし、明確な違いがあると証明されている訳ではありませんが、銀行系と消費者金融系カードローンでは「審査通過基準が違う」と言われています。条件が良いほど基準が高くなることは往々にしてあり得るため、銀行系カードローンの審査基準が高くなっていたとしても不思議はありません。

Name of author

Name: Goebel